Plover Cycles Blog

ロードとMTBとシクロクロスと。

足柄グラベルライド20211009

f:id:kisuke1234:20211014180434p:plain
10月9日(土)
天候晴れ、最高気温24度

この週は本来は稲城クロスの日…(中止になった)
グラベルライドに出かけて欲求不満を晴らさなくては!と足柄方面へお出かけ

ルートはざっとこんな感じ。
足柄運動公園
 ⇒大野山
  ⇒グラベル
   ⇒グラベル
    ⇒高松分校
     ⇒足柄運動公園
距離47km、獲得標高1300mグラベル比率は全体の30~35%くらい?舗装も継ぎはぎが目立ち、ロードではちょっと嫌かなという、まさにグラベルバイク向けルート。天候も良く、最高のライド


何枚か写真をどうぞ。
f:id:kisuke1234:20211014175146j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175158j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175209j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175223j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175235j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175252j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175317j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175328j:plain
f:id:kisuke1234:20211014175344j:plain



動画はこちら
youtu.be


アプローチルートとなる大野山へのヒルクライムが中々に地獄。7㎞8%と数字だけ聞くと大したことが無いが、前半がフラットなので後半でゴリゴリ脚を削りに来る。同行した一人が脚攣りで無念の足つき。神奈川のヒルクライムというと難易度低めのヤビツ峠、というイメージだが、こっちは辛目の難易度。ただ車も少ないし見晴らしも良いし、こっちもあり。
足柄エリアはどこを見渡しても山ばかり。何人かのローディとすれ違ったけど、明らかに目つきが違う。みんな野武士のような、あきらかに「やる」雰囲気を迸らせていた。

立て続けにグラベルライドを企画してみたら、ロードのメンバーとも、MTBで集まるメンバーとも違う人が多く参加してくれた。どちらとも違う魅力があるようだ。ロードで得られる景観の良さと、MTBで得られるアドベンチャー感の良いとこどりというか。MTBは楽しむのにスキルが要求されるし、自走で舗装路を走るのが苦痛。ロードは荒れた路面になると途端に苦行になる。
陸と水の接するところを「汀(みぎわ)」と呼ぶが、グラベルライドというのはちょうどこの汀のような、大自然と人工物との接するポイントを楽しむものなのかもしれない。

MTBが「興奮」、ロードが「爽快」だとすると、グラベルは「癒し」かな~。MTBもロードもアッパー系ドラッグだけど、グラベルはダウナー系